2010年02月18日

インビクタス/負けざる者たち

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
監督 :クリント・イーストウッド
主演 :モーガン・フリーマン
他のキャスト:マット・ディモン他

オススメ度:★★★★(1/2★)  (★5個が最高です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



予告編を見て、どうしても見たくなりました。

主人公は、南アフリカ元大統領 ネルソン・マンデラ。

彼は反アパルトヘイト運動のため27年間も投獄され、釈放後大統領に就任し、
アパルトヘイト撤廃に力を尽くします。
前大統領デクラークと共に、ノーベル平和賞も受賞しました。

彼が主人公の反アパルトヘイトについての映画だと、真面目でちょっと暗くて
厳しい映画を想像しがちですよね。でも、予告編を見たら違うんです。

舞台は1995年南アフリカ開催のラグビーワールドカップ。
あくまで題材はラグビーなのです。

クリント・イーストウッド監督、うまいですね。

反アパルトヘイトという重いテーマを、ラグビーというスポーツの世界に置き換えて、
一流のエンターテインメントに仕上げているんです。

かしこまって映画を見なくてもいいんです。

純粋に「インビクタス」を楽しめばいいんです。

観客は映像を楽しむことで、自然とテーマが五感で感じられるということですね。

この話が実話だということにも驚きました。

実際のネルソン・マンデラさんはもっと小柄じゃないかという印象はありますが、
主演のモーガン・フリーマン うまいです。

すっかり大統領の貫禄十分です。黒人俳優なら誰でもマンデラさんを演じられる
わけではなく、内面の演技もうまい人ということで選ばれたのでしょう。

マット・ディモンは、個人的はあまりハンサムという印象はありませんでした。
こう書くと、マット・ディモンファンに怒られてしまいますが(笑)。

でも最近だんだんかっこよく思えてきました。
特にこの映画では、ラグビーチームのキャプテンです。マットはトレーニング
も積みました。あの厚い胸板を見てください。セリフは少ないですが、文字通
り身体を張った演技じゃないでしょうか?

初めは反発しあっていた、大統領SPの黒人と白人は、次第に理解しあっていく
ところなど、イーストウッド監督、さすがです。

子供とのシーンもいいですね。

原題の「Invictus」はラテン語で「征服されない(負けざる)者」の意味。
ネルソン・マンデラが獄中で信奉した、イギリスの詩人 ウィリアム・
アーネスト・ヘンリーの詩です。この詩を紙に書いて、キャプテンのフランソワ
に渡したのですね。

「インビクタス」が、南アフリカでサッカーワールドカップが開催される今年
に公開されたことも、きっと意味があることなのでしょう。

<おまけ>

サッカーはよく見るけど、ラグビーのことはよく知らないので、この映画のため、
ラグビーのルールをおさらいしました(笑)。
でももちろんルールを知らなくても楽しめますよ。
posted by みなりん at 17:15| ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンスランバー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
監督 :中村義洋
原作 :伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
主演 : 堺雅人
他のキャスト:竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり他

オススメ度:★★★★  (★5個が最高です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



実は、この映画予告編は何度も見ましたが、
予告編だけで、まあいいかなって、思ってました。
予告編だけで、なんとなく予想がついてしまうし、ね。

ところが、幸いにも友人が「いい映画だよ」ってチケットをくれたんです。
何でも今年の、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品されるそうです。

そうなんだ。それなら絶対見なくっちゃ。
行ってきました。

結論から言うと、よかったですよ。

基本的には逃走劇なんだけど、ハリウッド映画のような、緊迫感とか
スピード感は・・・
あまり・・・
ありません(笑)。

巨大な悪が、主人公 青柳雅春を犯人に仕立て上げた、といっても
この作品では、最初からその黒幕を暴くつもりもないようですし、
主人公の堺雅人のキャラクターもあって、命がけの悲愴感も
あんまりなかったです。

そこが逆にのんびりして(失礼)よかったかな。

青柳雅春を取り巻く、いろいろな人達の温かさが身に染みましたね。
といってもいわゆる「友情」とか「人情」とか「親心」とか
「元恋人への、いてもたってもいられない気持ち」とかが、
押し付けがましくなくて、さりげないのがいいです。

仙台オールロケも開放感がありました。

サスペンス映画というより、ハートフルコメディーのように思えました。

それにしても、堺雅人は売れっ子ですね。
どんな役でもハズレがないと思います。


◎ おまけ
ゴールデンスランバー。ベルリン映画祭で受賞できるといいですね。
posted by みなりん at 16:46| スリラー/サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お試しセット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。